会員登録はこちら

会員ログイン

PRODUCTS

製品情報

DBJ

特長・用途
  • 微小荷重・広範囲な定格容量に対応(1 N~20 N)
  • 検出には350 Ωの専用ひずみゲージを使用し 0.025 %ROの優れた直線性及び温度特性
  • 許容過負荷:200 %RO、耐横荷重:40 %ROの耐荷重特性
  • 負荷離脱特性:0.005 %/cm(最大5 cm)まで保証
  • オプションにて計量載台を装着することで計量ユニットとして利用可能

型式・外観寸法

型式名と定格容量・寸法(単位:mm)・固有振動数・質量

型式名定格容量変 位固有振動数質 量
DBJ-1N1 N0.42mm82 Hz125 g
DBJ-2N2 N0.35mm130 Hz125 g
DBJ-5N5 N0.24mm180 Hz125 g
DBJ-10N10 N0.20mm360 Hz125 g
DBJ-20N20 N0.16mm570 Hz125 g

※質量はケーブルを含みません。

仕様・規格

許容過負荷200 %R.C.
ストッパ耐過負荷500 %R.C.
耐横荷重40 %R.C.
定格出力2 mV/V±5%
直線性0.025 %R.O.
ヒステリシス0.025 %R.O.
負荷離脱特性0.005 %/cm
推奨印加電圧7 V 以内
許容印加電圧10 V
入力抵抗350 Ω
出力抵抗350 Ω
温度補償範囲-10~45 ℃
許容温度範囲-20~60 ℃
零点の温度影響0.004 %R.O./℃
出力の温度影響0.003 %/℃
ケーブルΦ4 mm 4芯シールドケーブル2 m、先端むき出し
  • ストッパ耐過負荷について:限界過負荷を超えてもロードセルが保持できる負荷を表し、この負荷まではロードセル内部が破損しても測定系に影響を与えないことをいう。
  • 耐横荷重について: ロードセルが負荷軸と直角の方向から受けることの出来る負荷(荷重、力)の最大値で、定格出力の百分率で表しています。本器では測定時に発生しやすい横加重に対して、強度、精度とも40%R.Oの負荷を補償する強剛性構造を採用しています(定格負荷における同心傾斜荷重の傾斜角度はロードセル軸心に対して23.5°まで許容できます)。
  • 負荷離脱特性について:負荷中心がロードセルの軸心から離脱したときに生ずる出力の変化です。本器では最大離脱距離5cmを保証しています。

取扱説明書

図面ダウンロード

図面のダウンロードをご希望の方は、会員登録もしくはログインをお願いいたします。

関連製品

ピックアップ